ガイアノーツの瞬着クリアパテを使ってみました。

こんにちは、ZBOKです。
本日は、またまた良いアイテムを見つけてしまいました。
これがあれば合わせ目処理の修正やスジボリの脱線キズなどがすぐさま修正できちゃいます。
今までは溶きパテや黒い瞬間接着剤などいろいろなパテを使ってきましたが、キズ埋めには瞬着クリアパテが最強かもしれません。

“ガイアノーツの瞬着クリアパテを使ってみました。”の続きを読む

Ⅳ号戦車 錆表現に挑戦してみました。

こんばんは、ZBOKです。
戦車のマフラーというものは、排気熱の影響ですぐに錆びるそうですね。
っというわけで、今回はマフラーの錆塗装に挑戦しました。

下地にブラックとレッドを混色したこげ茶色を塗り、その上にハルレッドをムラムラ塗って、最後に
ウェザリングカラ―のラストオレンジを使って表現してみましたが、、、
60点。
色合いはまぁいい感じになったのですが錆で痛んだボコボコした質感は、パテやパステルを使ってやらないと難しいのかな・・・
まぁ、それは今後の課題ということで。
今回はこれで良しとします。

-amazon-
Mr.ウェザリングカラー ラストオレンジ 40ml

Mr.ウェザリングカラーを使ってみました。

こんにちは、ZBOKです。
現在製作中のⅣ号戦車D型にクレオスのMr.ウェザリングカラーを使ってみました。
さすがウェザリング専用塗料というだけあって、私のⅣ号戦車が一気に歴戦のⅣ号戦車に変貌を遂げました!!
これは、、いい感じです。

【Mr.ウェザリングカラー】
Mr.ウェザリングカラーは油性塗料ですので、エナメル塗料によるウォッシングのようにプラスチックを侵食する心配がないので安心して使用することができます。
また、油彩の特徴として乾燥が非常に遅いので、じっくりと作業をすることができます。
塗料の伸びもよく輪郭もきれいにボケてくれます。
Mr.ウェザリングカラーは、用途に合わせて多数の種類がラインナップされています。
スス汚れ、土汚れ、油汚れ、サビ、砂埃、等。

“Mr.ウェザリングカラーを使ってみました。”の続きを読む

機動水戦士ズゴック第23話 『ジム、、ジャブローでチビる・・』

こんばんは、ZBOKです。
Ⅳ号戦車と同時進行でHGUCズゴックの製作を開始しました。
ズゴックは私の大好きなモビルスーツであり、私のペンネームもZ’GOKをモジッたものだったりします。

さて、
今回のズゴック製作ですが、モノアイのスリッドを細めて悪い顔のズゴックにしてみました。
ジャブローを巡回パトロール中のジムがこんな悪い顔のズゴックとばったり遭遇してしまったら、、、間違いなく失禁してしまいます。

モノアイのスリッドを細くする方法ですが、ヘッドカバーをパテで修正する方法が第一に思い浮かぶのですが、パテ成形が面倒かつ難しそうだったので、どうにか簡単にできないものかとカチャカチャ思考錯誤していたら、
以外と簡単にできちゃいまいした。
詳しい加工方法は製作レポートのほうで詳しく解説しますので、気になる方はお楽しみに。

-amazon-
ガンプラ HGUC 1/144 MSM-07 ズゴック (機動戦士ガンダム)